旧港LOVE 2017

土浦旧港&霞ヶ浦のバス釣りブログ

「霞ヶ浦完全制覇への道」第24回 想定外の事態連発、荒宿再び

先週の深夜釣行の惨憺たる結果に、今週はとても旧港に出撃する気にはならず「完全制覇2ndシーズン」始動!!

 

 本来なら、まだ釣果のない本湖エリアに出撃するのが完全制覇の掟?だが、2週連続ノーフィッシュは是が非でも回避したかったのであっさり昨年実績のあった「妙技水道⇒北利根⇒荒宿(玉造)」の思いで巡りルートに決定。

 

今回ももちろん同行するキングを車で迎えに行って午前3時に出発。

 

 途中、稲敷大橋手前のセブンで食料を調達したのだが、店に入る際に閉め切りの扉を自動扉と勘違いしてキングに呆れられるという失態を演じる。

 f:id:kyuko_love:20170610151413j:plain

 

そんなこんなで4時過ぎに妙技水道の「本新第1揚水樋管」に到着。

f:id:kyuko_love:20170610151459j:plain

 この「本新第1揚水樋管」は昨年の8月にキングが900gと600g、自分が1200gをゲットした実績のある一級ポイント。

 

到着した時、ほぼ無風だったので自分は迷うことなくポンパJrをセット。

 

キングが水門の右側、自分が左側に入ってスタートして数投目、キャストしたポンパが着水後、ハンドルを回し始めた直後に「バシュッ」という音とともに水面が大きく盛り上がってポンパが吸い込まれた!!

 

それを見ていたキングが「あっ」と声を上げる!!

 

それから一瞬遅れて状況を理解した自分は絵に描いたような「ビックリ合わせ」でロッド煽った。

 

一瞬ロッドを通して魚の重さを感じたが、すぐに手ごたえが無くなった。

 

魚の姿は見えなかったが、バスならかなりのサイズだったはず・・・。

 

やってしまった、開始直後の想定外のバイトだったとはいえ、もう一呼吸おいてから合わせていれば、もしかしたらフッキングできたかも・・・激後悔(涙)

 

 痛恨のトップバラシにテンションが落ちながら釣りを続けていると、さらに想定外の事態が発生。

 

沖のボイルめがけてフルキャストしたポンパの軌道と上空を飛んで来たスズメの群れが交錯。

 

すると群れの1匹がポンパと衝突して水面に落下!!

 

落下したスズメはしばらく水面で弱々しく羽を動かしていたが、ルアーで引き寄せようとしている間に全く動かなくなり、いつのまにか姿が見えなくなっていた・・。

f:id:kyuko_love:20170610151239j:plain

 

 度重なる悲劇に心が折れそうになりながらもポンパを投げ続けていると再び着水直後にバイト!!しかし今度はルアーから少し離れたところで出たので空振り、そのまま巻き続けるとさらにもう一度バイトしたが再び空振りで・・・そして沈黙。

 

このままトップを投げ続けてもフッキングまで持ち込むのは厳しいかも、と思ったので反対側でドライブシュリンプを投げていたキングに声をかけてポイントチェンジ。

 

するとさっき二度目のバイトがあった辺りにキングがキャストしていたので、「そう、その辺」と声をかけたと同時にキングがフッキング!!

 

f:id:kyuko_love:20170610124643j:plain

ギリキーパーサイズ(未計測)の妙技水道バスをゲット!!

 

キング曰く、ポンパで活性が上がった「ごっつぁんバス」なんて謙遜していたが、結局今日も腕の差が出た?

 

 今回もキングに先行される展開にノーフィッシュのプレッシャーがかかり始める。

 

 その後、このポイントでは鋼矢板の先端周辺でイナッコ?と思われる群れが水面を逃げ回る状態が頻発するが自分達のタックルでは飛距離が足りず「あそこまで届けば釣れるはず・・」と後ろ髪を引かれながら移動。

 

次に向かったのは、「本新第1揚水樋管」と「本新島排水機場樋管」の間の護岸エリア。

 

本当は「本新島排水機場樋管」(通称:ピンキー水門)の周りを攻めたかったのだが餌釣りの先行者が入っていたので断念。

 

結局そのポイントでは、キングが正体不明のスレバイト、自分がピーナツをロストしたのみで終了。

 

その後、北利根方面に向かっている途中に自分が入ろうとしていたポイントで先行者が推定50アップのゴンザレスを釣りあげて歓喜している現場に遭遇。

 

かなりのショッキングな出来事に「もしかしたら自分達がゲットしていたはずのバスだ」などと負け惜しみを言いながら通り過ぎる。

 

その先の北利根橋までの目ぼしいポイントは全て先行者ありで、結局北利根方面には向かわず北利根橋を渡って麻生方面へ向かった。

 

そのまま麻生漁港に直行しようと思ったが、途中にあった「富田第2ドッグ」と「麻生前川水門」周辺がなんとなく気になったので車を停めた。

 f:id:kyuko_love:20170610162844j:plain

 

すると開始直後、護岸の切れ目から伸びている葦原の際を攻めていたキングのロッドが弧を描いた!!

 f:id:kyuko_love:20170610140005j:plain

41.8㎝ 830g ドライブシュリンプ3

 

 開始からあっという間の出来事に驚いたと同時に未だノーフィッシュの自分はさらなるプレッシャーに押しつぶされそうになる。

 

その後、二人で「富田第2ドッグ」を攻めたが反応なく移動。

 

そして昨年完全制覇の記念すべき最初の1匹をゲットした「麻生漁港」へ

f:id:kyuko_love:20170610151309j:plain

 

 到着した時、先行者が3人いたが自分が狙っていた一級ポイント(通称:麻生の角)には誰もいなかったので、速足でポイントに向かう。

 

この時点でタックルはスピニングのレインズスワンプDS1本勝負だったので、迷うことなくひたすらポイントにキャスト繰り返す。

 

すると根掛かり外れた直後に違和感、でラインがスーっと動き出したのでフッキング!!

 

足場の低いスロープ側に降りてランディングにもっていこうとするが鋭い突っ込みに思わずドラグを緩めようとして久々でどっち回りだか分からなくなり焦ったが、なんとか足元まで寄せてハンドキャッチ成功。

 f:id:kyuko_love:20170610125034j:plain

記念すべき1匹目とほぼ同じアングルで撮影された麻生漁港バス(未計測)

  

f:id:kyuko_love:20170610151209j:plain

 そしてここが2匹のメモリアルバスをゲットした一級ポイント「麻生の角」

 

麻生漁港ではこの1匹のみで終了、最後のポイント「荒宿」へ向かう。

 

f:id:kyuko_love:20170610151127j:plain

 

「京田樋門」(上画像)で実績のあるキングと、少し先にある「手賀玉川1号排水樋管」で実績のある自分が、各々ポイントに分かれて釣り開始。

 

「手賀玉川1号排水樋管」まで来ると予想以上の減水&濁りにテンションダウンしたが、麻生漁港でとりあえず1匹ゲットできたので、釣れなくてもいいかとあきらめモードでキャストしていたレインズスワンプのDSにいきなり引っ手繰るようなバイト!!

 

しかし一瞬ドラグが効いたところでスッポ抜けたので、なんだキャットのスレか?と思いながら同じラインを通すと再びバイト!!

 

今度はフッキングしたが、直後の猛烈な突っ込みに「荒宿の悪夢」を確信。

 

その後、しばらくキャットだと思ってドラグを効かせつつバレてもOKな感じで引きを味わっていたが、ジャンプした姿を見たらバスだった!!しかも40アップ、キロフィッシュ確定!!

 

そこからは超真剣モードにチェンジ!!手前の護岸の下に潜られそうになり何度かヒヤッとしたがバラす事無くなんとかハンドキャッチ成功!!

 f:id:kyuko_love:20170610124957j:plain

 

 去年の7月以来、約1年振りの荒宿バスは、1160gのナイスキロフィッシュ。

 

その後、二人で「京田樋門」周りを攻めたが、キングがOSPのクランクをゲットしたのみで8:00終了

 

朝一の痛恨のバラシに始まり、スズメの悲劇からゴンザレスゲット目撃を経て一時はノーフィッシュを覚悟したが、終わってみればキロフィッシュを含む2匹ゲットと結果オーライと言えばそれまでだが、初っ端から「思い出巡りに」走っているようでは完全制覇には程遠い?

 

★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso)

 

 

2017年6月3日旧港深夜釣行、撃沈。

訳あって約1ヶ月振りの更新、しかも1年振りの深夜釣行。

 

球場前に到着したのは22時過ぎ、気温は22〜3℃と思ったほど暖かくなく、風が吹くとちょっと肌寒い感じ。 

 

f:id:kyuko_love:20170605204814j:plain

 

着いたとき、球場前に先行者が2〜3人いたが入れ替わる様に移動していったので、30分ほど貸し切り状態の球場前で巻き物を投げまくったが全くの「無」。

 

ヘッドランプで水面を照らすと暗がりでも分かるほど水の状態が良くない感じ。

  

f:id:kyuko_love:20170605205021j:plain

 

その後スピニングにチェンジして、式場前のドン突き方面に向かって移動しながら護岸の際&ボート周辺をスワンプのDSメインに攻めたが相変わらずの「無」

 

前回の深夜釣行で実績のあった式場前ドン突きは、5〜6人のグループが入っていたので諦めてスルー。

 

そこから球場対面の浄水場前まで攻め続けたが、ギルバイト一つない見事なまでの無の世界。

 

さらに浄水場前で折り返して、先行のグループが居なくなった式場前のドン突きを経由して球場前まで戻る間の約4時間でNBNFの完全試合達成。

 

去年の5月の深夜釣行では運良く1900gのバスがゲットできたので、その再来を期待して出撃したのだが、最近の旧港はそんなに甘くはなかった・・・。

 

 

だがしかし!!

 

こんな状況でもこの男はやってくれました。

 

実はこの日も同行していたキングが、得意のDゾーン鉄板ラインで値千金のバスを絞り出した!! 

 

f:id:kyuko_love:20170605205112p:plain

33.8㎝ 590g(本人に確認済)

 f:id:kyuko_love:20170605204742j:plain

 

ヒットルアーはドライブシュリンプ4!!

 

それを聞いて「やっぱエビパターンか?」と自分も同じドライブシュリンプ3にチェンジしたが状況に変化なし・・・やはり腕の差なのか(涙)

 

追伸

式場前ドン突の浮桟橋側の護岸前にオイルフェンスみたいな囲いが設置されていたのが凄く気になった、目的は? 他のエリアにも拡大すると影響大かも。

 

 

2017年4月29日の釣果(1匹)

先週の初バスゲットで調子にのってしまい?今日もキングと二人で早朝の旧港へ。

 

4時半過ぎ、浄水場側に到着すると先行者多数。

 

とりあえず浄水場前からスタートしたらキングが開始早々に速攻ゲット。

f:id:kyuko_love:20170429102801j:plain

 

さらにキングが、Dゾーン鉄板ラインで2匹目ゲット。

f:id:kyuko_love:20170429102802j:plain

 

これまで通りのキングに先行される展開にプレッシャーを感じながら先週初バスをゲットしたドン突き方面に向かう。

 

その途中、角のポンプユニットに誰も入っていなかったので、もしかしたらとレインズスワンプのDSをキャスト。

 

2投目の根掛かり外した直後のバイトでラインが走る!!(以下省略)

 

f:id:kyuko_love:20170429100429j:plain

 

今年2匹目の旧港バスは、カハラジャパンのデジタル秤でジャスト900gのナイスバス。

 

その後、二人ともNBNFのまま6時を過ぎたところで先週の再現を期待して大岩田に向かったが、先週とは一転、無風べた凪で撃沈・・・。

 

次にダメもとで島津方面に向かうも先行者ありで無念の旧港Uターン。

 f:id:kyuko_love:20170429100256j:plain

 小さくて見えずらいが球場前は人、人、人。

f:id:kyuko_love:20170429100342j:plain

 

残り時間30分で球場側を攻めたが、早朝からさらに増えた釣り人のプレッシャーとピーカン・べた凪の状況ではなす術なく7時40分撤収。

 

 今日の旧港は周りでもポツポツ釣れていたので状況的には悪くないと思うがGW中は人多すぎて釣りにならないかも・・・ちなみにキングはゲットした2匹の他に痛恨の2バラシだった。

 

 

★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年4月22日の釣果(1匹)

今年は訳あって3月以降まともに釣りに行けてなかったのだが、今日は午後から時間がとれたので久々の旧港へ。

 

通常なら車で向かうところだが、17時半までに帰着しなければならず、渋滞でロスする時間を考えると電車の方が有利と判断。

 

4ピースロッドと必要最小限のタックルを準備して家を出たのが12時20分過ぎ。 

f:id:kyuko_love:20170422234950j:plain 

f:id:kyuko_love:20170422234859j:plain

 常総線常磐線を乗り継いで旧港に到着したのが13時半。

 

移動の時間がもったいないので駅から一番近いホテル裏のドン突きポイントへ直行。

 

先行者がいたが、ちょっと移動した隙をついて滑り込み、速攻でタックルを準備してキャストしたのは今年もこれ一本で勝負?のレインズスワンプのDS。

 

相変わらずの酷い根掛かりと格闘する事10数分、根掛かり外し後のちょい長めのステイ中にバイト!! 

f:id:kyuko_love:20170422234400j:plain 

待ちに待った今シーズン初の1匹はデジタル秤を忘れてしまう痛恨のミスにより計測できなかったが、多分800〜900gはある30後半のナイスバス。

 

その後、電車移動中に自分が送った出撃メールを見て、新利根川釣行から帰ったばかりなのに速攻で旧港まで来てくれたキングと合流。

 

しばらくDゾーン周辺を攻めたがバスからの反応なく、旧港を離れ備前川へ移動。

 

河口の水門から少し上流側に入って護岸周りを中心に攻めたが、初場所でポイント&攻め方がまったく掴めずあえなく撃沈。

 

次に向かったのは最後の砦「大岩田」

 

いつものポイントに着くと、少し強めの向かい風に白波が護岸を乗り越えている。

 

まさに「風が吹いたら大岩田」の状況に期待が高まる。

 

しばらく護岸周りを中心に攻めたが、だんだん強くなる風と波にルアーの操作もままならず。

 

残り時間も少なくなり、自分は「さすがにこの状況じゃ無理か?」と諦めかけたところでキングにバイト!!

f:id:kyuko_love:20170422234752j:plain

 36.7㎝ 970g 

この1匹で攻め方のヒントを得たキングがなんと1匹目から数分で2匹目をゲット!!

 f:id:kyuko_love:20170422234535j:plain

  33.8㎝ 640g

 

このまま続ければまだまだ釣れそうな状況だったが、16時を過ぎたところで無念のタイムアップ。

 

大岩田でNBNFだったのは悔しいが、待望の初バスをなんとか旧港でゲットできたので、とりあえずホッとした。

 

そして帰りは電車ではなくキングの車で送ってもらったのは言うまでもない。

 

★Tackle★
 Rod:SHIMANO Trastick S510-610L
 Reel:DAIWA  SWEEPFIRE  AR2000
 Line:SUNLINE BASIC-FC(8lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY コツコツ君/DS-1(2/32oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso) 

 

 

 

 

 

 

旧港異常ナシ

2017年初の旧港釣行。

 

結果から言えば、NBNFであえなく撃沈・・・。

 

時間の都合で巻き物メイン(ブリッツ、レアリスシャッド、バンクシャッド)で攻めたが魚っ気は薄くスレバイトの一つもなし。

 

唯一の反応は、球場前で巻いていたブリッツのピックアップ直前に水中から猛然とアタックしてきた水鳥のみだった。

 

f:id:kyuko_love:20170205103137j:plain

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

番外編「12月10日の北利根&横利根」

諸般の事情により、前回から約2ヶ月振りの更新。

 

今回出撃したのは北利根&横利根エリア。

 

理由は他に釣れそうなエリアが思いつかなかったから・・・

 

午前4時半、同行するキングの車で自宅を出発。

 

途中、浮島のセブンでコーヒーとゲン担ぎのパンを各々調達。

 

稲敷大橋を渡って護岸道路に入ったところで、8月に二人でバスをゲットした「本新第1揚水樋管」前で車を停める。

 

向かい風を物ともせず、タックルを準備してまだ薄暗い湖岸に下りていくキングをよそに自分は車で待機。

 

約10分後、異常がなかったことを確認して次のポイントに移動。

 

北利根大橋を越えると、いつもなら絶対空いていない新横利根閘門脇のスペースに

今日は車が停まっていなかった。

 

f:id:kyuko_love:20161210140039j:plain

 

自分的にはこのままスルーして横利根に向かいたい感じだったが、キングの意見を優先して閘門周りを攻めてから横利根方面へ行くことにした。

 

結果的にこの判断がその後の展開に大きな影響を及ぼす事に・・・

 

タックルを準備して、今回は巻物メインと決めていたのでTDバイブからスタートしたら、開始2投目で根掛ってロスト。

 

その後、この時期定番のメタルバイブにチェンジしてシャクリまくるが無反応。

 

すると開始から約20分、自分の名前を呼ぶキングの叫び声が耳に入った。

 

声の方に振り返ると、大きく弧を描いたロッドを握り必死に格闘するキングの姿が。

 

 急いで駆け寄ると、「もしかしてレンギョか鯉のスレかも?」とキング。

 

自分も半信半疑で一瞬水面に現れた姿を見たが、どうもバスっぽい感じ。

 

さらに次の瞬間水面に現れた巨大な口を見て正体を確信。

 

「バスだっ!!しかもデカいっ!!」

 

そこから真剣モードになったキングが格闘すること数十秒、斜め護岸に引きずり上げたバスを自分がアシストしてハンドキャッチ。

 

f:id:kyuko_love:20161210141840j:plain

f:id:kyuko_love:20161210201223j:plain

 

キングが満を持して投入したジャークベイト「フェイス」のただ巻きでゲットしたのは46.3㎝ 1820gのメチャ体高のあるゴン太北利根バス!!。

 

 ★タックル★
 Rod:SHIMANM   POISON GLORLOUS 166ML
 Reel:SHIMANO Metanium HG
 Line:FC SNIPER BMS (12lb)
 Lure:EVERGREEN Mo-Do Faith Size11.5 Color:クラウン#125

 

 キングのデカバスゲットにテンションが上がったが、その後自分はNBNFで閘門から移動。

 

向かったのは横利根川イーストワンとサンマリンの間にある垂直護岸のストレッチ。

 

f:id:kyuko_love:20161210140037j:plain

 

先行者は対岸に1人、サンマリン側に1人とほぼ貸し切り状態で釣り開始。

 

ロケーション的には護岸ピタにスワンプのDSで攻めたいところだが多分それをやると撃沈間違いなしなので、ここでも巻物勝負。

 

最初はレアリスシャッドでイーストワン側からサンマリン方向に向かって歩きながら、あらゆる方向にキャストしてはただ巻き。

 

その後、何かのスレっぽいバイトが1回あったきりで時間だけが無情に過ぎていく。

 

レアリスシャッドだと飛距離がイマイチかなと、途中からバンクシャッドにチェンジするが相変わらず異常なし。

 

そうこうしているうちにサンマリン側の先行者に追いつきそうになったので仕方なく方向転換してもと来た護岸を引き返す。

 

 横利根といえばサル番長=バンクシャッドだと思ったが、そんなに甘くはないかと諦めかけた時。同じバンクシャッドでもさっきキングがデカバスをゲットしたクラウンカラーならもしかするかも?とカラーチェンジ。

 

するとカラーチェンジから数投後、バンクシャッドをタダ巻きしていた左手に「グッ」と違和感を感じた。

 

根掛かりか?とロッドを煽った直後に「グォォオン」とラインの先からロッドを通して生体反応が!!

 

「ついに来たぁ〜!!」と歓喜の雄叫びを心の中で叫びつつ、水面まで上がってきた姿を見ると間違いなくバス!!しかもナイスサイズ。

 

しかし喜んだのも束の間、掛かっているのはリアフックのみ、その時最悪の事態が脳裏を過ったが・・・以下省略。

 

f:id:kyuko_love:20161210140036j:plain

 

f:id:kyuko_love:20161210140038j:plain

 

これまで一度もゲットする事がなかったシャッド初フィッシュは、傷一つないグッドコンディションの横利根バス(900g)

 

(たぶん)これが今年最後の1匹となるであろうバスはキングのゲットしたバスの半分の重さだったが、自分にとっては十分に納得のいく快心の1匹だった。

 

 

★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 Lure:EVERGREEN  BankShad  #125 クラウン

 

 

 

 

 

 

 

 

「霞ヶ浦完全制覇への道」第23回 北利根川異常なし・・。

連休の最後を締め括るべく、向かったのは北利根川。 

 

牛堀に着いたのは5時ちょい前、いざ始めようとしたら雨が降ってきたので仕方なく止むのを待っていたら、スタートが6時近くになってしまった。

 

f:id:kyuko_love:20161010112837j:plain

 

f:id:kyuko_love:20161010112838j:plain

 前回クランクで悪夢をゲットした辺りで「ポンパJr」から始まり「レアリスクランク」「ソウルシャッド」「デカピーナツ」「TDバイブ」「オーバーライド」他巻物系で押し通したが異常なし。

 

周りも釣れていないのかと思ったら、同じストレッチの下流側でシャッドと思われるルアーでバスをゲットしているバサーを目撃。

 

なので下流側に移動しようと思ったが、かなり先の方まで入れる場所がなさそうだったのであきらめて上流(本湖)側に移動。 

f:id:kyuko_love:20161010112842j:plain

  

前回は何の反応もなかったストレッチを、今回はさらに先の「永山揚排水樋管」まで攻め上がったが今回も異常なし。

 

ここで北利根川でのゲットはあきらめ本湖(妙岐水道方面)に移動。

 

 

  f:id:kyuko_love:20161010112840j:plain

その後「向津揚排水樋管」は異常なし。

 

f:id:kyuko_love:20161010112841j:plain

さらに「向津第2排水樋管」を攻めるが、矢板の間でレアリスクランクにボラのスレアタリが1回あったのみ(その後クランクは根掛かりで 殉職)で撤収。

 

最後の望みで入った、牛堀ドックの先の沖提のあるストレッチ(画像は前回の流用)

f:id:kyuko_love:20160919160111j:plain

 

8月にバスをゲットした旧護岸側の沈み杭周りをレンズスワンプのDSでタコ粘りしたが、やはり異常なし。

 

ここにバスはいないのかと、思ったところで新護岸側の沖提を攻めていたバスボートでまたしてもシャッドと思われる巻物系のルアーでバスをゲットしているのを目撃。

 

速攻でベイトタックルにチェンジして北風が徐々に強くなる中、残り僅かな時間に賭ける。

 

すると新護岸側に移動してきた自分の目の前でさっきのバスボートがまたしてもバスをゲット、しかもかなりのグッドサイズ!!

 

沖提周りにバスは付いている!!とデカピーナツを沖提の際を狙ってキャスト。

 

ビュッーっと逆風を切り裂いて飛んで行ったデカピーナツが「ガツっ」という音とともに沖提の石と石の間にガッツり嵌って殉職したところで時間切れ終了・・。

 

 

気がつけば10月ももう半ば、今年はあと何匹ゲットできるのか?