旧港LOVE 2017

土浦旧港&霞ヶ浦のバス釣りブログ

2017年9月18日の釣果(1匹)

 連休最終日、午前中は強風で釣りにならないだろうと午後から出撃したのだが、諸事情により出発したのは14時半過ぎ。

 

一昨日のプチラッシュがあった小貝川に向かうか、それとも旧港にするか悩んだ末に向かったのは旧港。

 

だが17時には帰着しなければならず、旧港に向かった場合釣りできるのは実質30分。まさに撃沈覚悟の出撃。

 

連休中にも関わらず意外とスムーズに学園を抜け、旧港に到着したのは15時20分。

 

高架道から見た時、車が多いのが少し気になったが構わず浄水場側に車を停めようとしたら、まさかの満車でそのままUターン。

 

球場側まで移動しようかと思ったが、あっち側だと釣れる気がしないのと移動時間がもったいなかったので、満車の表示なのに何故か空きスペースがあったナビパークに車を停めた。

f:id:kyuko_love:20170918221434j:plain
f:id:kyuko_love:20170918221435j:plain

 

 料金表示がどこにもなかったので若干心配になったが時間もなかったので急いでタックルを準備して目の前のスロープ側ドン突きで釣り開始。

 

f:id:kyuko_love:20170918221430j:plain

 

レインズスワンプのDSで15分程攻めたがNBNF。

 

ファミマ方面に進むか、浄水場側に戻るか、悩んだ末に浄水場側に移動。

 

Dゾーンの前まで来たところで浄水場側を見たら、例会のヘラ師とワカサギ釣り師?で入るスペースは皆無・・・。

 

その先の高い方まで移動するには時間的に厳しいので仕方なくDゾーンで再開。

 

しばらくボートの間をネチネチやっていたが無反応。

f:id:kyuko_love:20170918221432j:plain

 

残り時間10分程となり、半分諦めかけたところ、ズル引きで護岸から50㎝位の所まで来たレインズスワンプのDSにバイト!!

 

フッキングした後はグイグイとひたすら手前に突っ込むだけでジャンプする気配が全く無いファイトに一瞬悪夢の予感がしたが・・・以下省略。

 

f:id:kyuko_love:20170918221431j:plain
f:id:kyuko_love:20170918221433j:plain

 

 デジタル秤を持って来ていなかったので計測はできなかったが推定800〜900g、30後半?のナイスバスをゲット!!

 

連休の最終日を飾るには十分すぎる1匹をゲットしたところで時間切れとなり撤収。

 

その後、ナビパークから出庫する時に精算機が表示した料金は¥100だった。

 

 

★Tackle★
 Rod:SHIMANO Trastick S510-610L
 Reel:DAIWA   REVROS MX2000
 Line:SUNLINE BASIC-FC(8lb)
 HooK:FINA WRM951/ #4
 Sinker:DECOY コツコツ君/DS-1(1/16oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso) 

 

 

9月16日 台風パワー?小貝川でプチラッシュ!!

 台風18号のまさかのUターンで雨予報となってしまった3連休の初日。

 

前日の夜は飲み会に参加したので早朝の出撃は断念したが、雨は夕方からの予報だったので午後一から出撃しようと目論んでいた。だが想定外の強烈な二日酔いに出撃するか止めるかウダウダ迷っているうちに時間は15時近くなってしまった。

 

このままだと3連休に1回も出撃しないまま終わってしまう。「釣れない」のも辛いが「釣りに行けない」のはもっと辛いので時間は2時間しかないが覚悟を決めて出撃。

 

時間的に近場しか選択肢がなかったので、実績はなかったが家から車で20分程の小貝川の某ポイントへ向かった。

 

到着すると先行者の車が3台も停まっていたので仕方なくそこから数十メートル先に車停めた。

f:id:kyuko_love:20170916221827j:plain

 

先行者がいた場所からだと簡単に岸際に降りられるのだが今日停めた場所からだと若干の藪漕ぎが必要だった。

 

f:id:kyuko_love:20170916221826j:plain

 

f:id:kyuko_love:20170916221825j:plain

 

そんなこんなで岸際まで降りたら対岸も含め見える範囲でバサー7〜8人にアルミボート2艘!!

 

すると自分が降りて早々に上流側の岸際を攻めていたボーターがバスをゲットしているのを目撃。

 

これは期待できると思いながら、キングの影響 で最近頻繁に使うようになったドライブクローラーのDSでテトラ周りを攻める。

 

30分程テトラ周りを攻めたがNBNF、すると上流にいたボートが対岸の方に移動していったのを見て速攻で上流側に場所移動。

f:id:kyuko_love:20170916221821j:plain

 

するとそこから小貝川プチラッシュがスタート!!

 

上の画像の中央にある枯れ葦?の左側の際を通していたドライブクローラーのDSに激バイト!! 

 

f:id:kyuko_love:20170916221820j:plain

推定30半ば500〜600g、ナイスファイトの小貝川スモール ゲット。

 

さらにそれから約1時間、ほぼ同じラインを流していたら・・・

 

f:id:kyuko_love:20170916221822j:plain

2匹目、ノンキーサイズのラージ。

 

3匹目、2匹目から若干サイズアップしたラージ(抜き上げで落下して画像撮れず)

 

f:id:kyuko_love:20170916221823j:plain

4匹目、推定20後半のラージ。(ここまでは全てドライブクローラーのDS)

 

f:id:kyuko_love:20170916221824j:plain

 そして5匹目はレインズスワンプのDSでゲットしたノンキーのラージ。

 

17時45分、予定時間を若干オーバーし雨も強くなって来たところで撤収。

 

二日酔いのせいで想定外の小貝川出撃だったが結果オーライまさかのプチラッシュ。

 

これも台風パワーとドライブクローラーのおかげか?

 

 

 

★Tackle★
 Rod:SHIMANO Trastick S510-610L
 Reel:DAIWA   REVROS MX2000
 Line:SUNLINE BASIC-FC(8lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY コツコツ君/DS-1(2/32oz)
 Lure:OSP DoLiveCrawler3.5 Color#W-035(ebimiso) 

            REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso) 

番外編 灼熱の北浦(鹿行大橋⇒江川エリア)撃沈。

 今回は最近マイブームの自作キャロワイヤーの実釣テストを兼ねた北浦釣行を敢行。

 

釣友キングと午前3時に出発、つくば⇒土浦⇒霞ヶ浦大橋経由のルートで目指すは北浦の鹿行大橋。

 

途中、セブンに立ち寄るつもりが自分の判断ミスで鉾田町のローソンに立ち寄る事に。

f:id:kyuko_love:20170910202407j:plain

その時、先月の山中湖で釣行前にローソンに立ち寄りその後撃沈を喰らった嫌な記憶が蘇る。

 

そんなこんなで4時半過ぎに鹿行大橋に到着。

f:id:kyuko_love:20170910202408j:plain

 今回この場所を選んだ理由は「大明解マップ」で見たら「礼第二船溜樋管」すぐ先に5〜6mのブレイクラインがあったから。

 

5時過ぎ、辺りが明るくなったところで釣り開始。

f:id:kyuko_love:20170910202410j:plain

 

朝一はとりあえずお約束?のポンパで様子を見たが安定の無。

 

なので数投したところで目的のヘビキャロタックルにチェンジ。

 

今回実釣テストをしたのは下記画像の自作キャロワイヤーによるヘビキャロシステム。

f:id:kyuko_love:20170910202416j:plain

その構成は、トリプルサルカン(ヨリトリック)とスナップ付サルカン (ハヤテスナップWクレン)をワイヤーハリス(キングポイント)とスリーブで結束した物。

 

今回はこれにナス型錘の6号(約20g)をセット、メインラインはフロロの16ポンド、リーダーにもフロロの6ポンドを使いベイトタックルでテストした。

 

f:id:kyuko_love:20170910202409j:plain

 

 開始から30分、自分が慣れないヘビキャロタックルに飛距離が全然伸びず悪戦苦闘している間に、キングが水門の先にあった杭周りでノンキークラスだが北浦では約20年振りとなるバスをドライブクローラーのDSでゲット!!

f:id:kyuko_love:20170910202406j:plain

これは期待できるか?と思ったが、後が続かず・・・。 

 

その後、鹿行大橋から北浦東岸の江川エリアを北浦大橋方面に向かってランガン

f:id:kyuko_love:20170910202411j:plain

 f:id:kyuko_love:20170910202413j:plain

 f:id:kyuko_love:20170910202412j:plain

 f:id:kyuko_love:20170910202414j:plain

f:id:kyuko_love:20170910202418j:plain

f:id:kyuko_love:20170910202417j:plain

f:id:kyuko_love:20170910202419j:plain

ランガンの途中、上幡木高位部樋管周り(上から2枚目の画像)でこの日唯一のバイト(たぶんギル)があったが以降は沈黙でヘビキャロは諦めていつものタックルにチェンジ。

 

しかし相変わらずの無反応&日が昇ってからはほぼ無風の灼熱地獄にダウン寸前。

 

さらに北浦の湖岸道路は全体的に幅が狭く、駐車スペースがほとんどない為、良さげなポイントがあってもスルーしなければならない場合が多くて途中からドライブ状態。

 

そのまま終了時間の9時を迎え無念の撤収。

 f:id:kyuko_love:20170910202415j:plain

 

今回はヘビキャロのテストとか理由を付けて久々の北浦釣行に臨んだがあまりの反応の無さに、これなら旧港でも良かったかも?

 

キングがなんとか20年振りの1匹ゲットしてくれたので往復3時間の釣行も無駄にはならなかったのがせめてもの救いか。

 

2017年8月27日の釣果(1匹)

17日の山中湖、20日の長門川と立て続けに撃沈し、さすがにそろそろ釣っとかないとブログ的にも厳しいと思ったが、どこに行っても釣れる気がしなかったのでとりあえず旧港に向かった。

 

5時半過ぎ、浄水場側に到着すると先行者多数・・・

f:id:kyuko_love:20170827103515j:plain

 

とりあえず浄水場前の空いてる場所に入って、お約束のレインズスワンプのDSをキャスト。 

f:id:kyuko_love:20170827103516j:plain

  

この時期、数年前なら アオコが酷くて来る気にもならなかったが今朝の旧港はほとんどアオコが無い状態。

 

開始から約1時間、浄水場前で護岸ピタから2mくらいの間でネチネチやったが見事NBNF。

 

浄水場前は見切って先に進むか、それとも高い方(元ビオパーク側)に行くか悩んだが、どちらも先行者多数だったので、結局ルアーをカットテールにチェンジして再び浄水場前に戻った。

 

手前は絶望的だったので沖目にキャストしてノーシェイクのズル引きに変更して数投目、水面を漂っているプラグっぽい物体に気をとられ明後日の方向を見ていた時にバイト!!

 

ヌルーっと走るラインに最初は小バスかと思ったが徐々に力強くなる突っ込みに思わずドラグを緩める。

 

その後はグイグイとひたすら手前に突っ込んで一向にジャンプする気配が無かったので一瞬旧港の悪夢か?と思ったが・・・(以下省略)

 

f:id:kyuko_love:20170827103740j:plain

今年の5月3日以来、約4ヶ月振りの旧港バス(700g)をゲット!!

 

その後は粘っても釣れる気がしなかったので6時40分撤収。

 

ちなみにバイトがあった時に見つけたプラグはその後回収、家に持って帰って風呂場で汚れを落としてラッキーと喜んだのも束の間・・・

f:id:kyuko_love:20170827103514j:plain

ググったらダイソーミノー(税込み¥108)であることが判明・・・(涙)

でも結構釣れるらしい?

 

 ★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:Gary Yamamoto 4"KUT TAIL WORM Color#169(チャート&ライムフレーク)

 

 

8月20日 夏休み最後の悲劇、ポンパの呪い再び。

訳あって更新が遅れ、今さら感ありありの8月20日の釣行記。

 

この日は夏休み最終日、しかも久々に1日釣りができる事になったので同行するキングと柏のキャスティング&ブンブンに買い出しに行くついでに出撃場所について相談したところ。

 

①新利根川松屋)②霞ヶ浦(マルト)③長門・将監(北総マリン)の順で候補が上がったが・・・

 

①の松屋に電話したら、エンジン船は予約でいっぱいだったので今回は見送り、ならば②のマルトにしようかと思ったが、最近の土浦方面の状況が全くつかめていないのとキングが乗り気ではない感じ?だったので結局は2週連続の北総マリンに決定。

 

早速、先週と同様に北総マリンに連絡して2馬力の予約を入れつつその日の状況を確認すると「先週の様な利根川からの逆流はない、客の一人は6匹釣った」との話。

 

この時は翌日に待ち受ける悲劇などこれっぽっちも考える事無く、ただただ釣れる妄想に浸っていた。

 

 釣行当日、5時少し前に到着。無人のクラブハウスのポストにレンタル料の7千円を投函したらタックルを準備して桟橋に直行。

 

今やマイボートと化した2馬力に乗り込もうとしたが、これまで2回乗ったモーターガイド搭載の通称「侍号」が前回エンジンと魚探の調子がイマイチだったので、今回はミンコタ搭載の方に乗ることにした。

 

  そしていざ出船となるのだが、今回は前日に決めたざっくりした戦略・・・

①朝一は長門川最下流部で勝負 

②その後は長門川上流に移動(状況により旧長門川に進出)

③、①②が不発の場合、成田線鉄橋下と将監⇔長門連絡水路に最後の望みを賭ける。

に沿って先ずは、長門川最下流部に向かった。

 

 

 f:id:kyuko_love:20170821214252j:plain

久々にミンコタのエレキを操作したが、ペダルのON/OFFスイッチの位置がモーターガイドと逆(親指側)にあるので慣れるのに苦労した。

 

 f:id:kyuko_love:20170821214251j:plain

二馬力エンジンは音だけはそれなりだが、フルスロットルでもスピードは・・・?

 

 f:id:kyuko_love:20170821214250j:plain

 

下流方面に向かうと、既に先行のボートが何艘が入っていたのでバッティングしないように気を付けながら新長門橋手前の東岸から攻め始める。

 

曇天のほぼ無風状態だったので当然のごとくトップ(ポンパJr)からスタートしたがお約束のように安定の無。

 

そしてしばらく橋手前を攻めたが反応が無かったので橋をくぐり抜けて長門川公園方面に向かう途中で最初の悲劇が起こった。

 

ボートが橋をくぐり抜けた直後、橋と平行に思いっきりキャストしたポンパに驚いた鳩の群れ(橋の下にいた)が飛び立たったと思ったら、その中の一羽にラインがからまってしまった。

 

あっと思って急いラインを巻き取ると鳩も一緒に水面に落下。一瞬、7月の妙技水道のスズメの悲劇が脳裏を過ったが、しばらくしたら羽ばたいて橋の下の群れのところに戻っていった。

 

とりあえずホッとしたが、同じポンパで2度目のバードストライク、しかも今回は平和の象徴鳩だったので尚更嫌な予感がしたが、その予感がこの後現実となる。

 

f:id:kyuko_love:20170821214253j:plain

 その後、印旛排水機場のオイルフェンス?周りから長門川公園の斜め護岸周りをトップからクランクにチェンジして攻めたが無反応。

 f:id:kyuko_love:20170821214254j:plain

 

さらに最下流の水門(名前不明)を抜け、利根川の合流地点まで攻めたが反応なし。

f:id:kyuko_love:20170821214255j:plain

 

レンタル二馬力では利根川本流は航行不可の為、ここで引き返して戻りながら長門川公園対岸の岸際を上流方向に戻りながら攻める。

 

すでにこの時は巻物からワーム系にチェンジしていつも通りの釣り方に戻っていた。

 

時間は6時を過ぎて、そろそろ釣れないとヤバいかも、などと考えながら北総マリン下の浮桟橋周りを過ぎ、新長門橋を抜けて直ぐのところに2艘ならんで係留してある漁船の間にドライブカーリーのDSをキャストしてズル引きしていたらバイト直後にいきなりラインが走った。

 

「きた〜っ!!」と歓喜の声を上げながらランディングに持ち込もうとした時、手前に猛烈な勢いで走ってきたラインがボートの下をくぐりそのまま船首側に抜けたと思ったら直後にジャンプ!!

 

その姿を見た瞬間30後半を確信、だがその直後にロッドから伝わって来る感触が喪失。

 

一瞬頭が真っ白になり、何が起こったか理解不能の状態に陥った。

 

直ぐに我に返って、バレたのかと思ってラインの先を見たらプッツリとラインが切れているのが目に入った・・・。

 

自身にもバスにも最悪な状況に思わず「これはポンパの呪いだ・・」と呟いた。

 

すると、それから数分でさらなる悲劇?が追い打ちをかける。

 

ラインブレイクしたポイントから5〜60m上流側の「庭先に埴輪がある家の前」の沈みテトラポイントでキングが長門川水系で絶大な威力を誇るドライブクローラーのDSで45アップ、1200gのビッグバスをゲット!!

f:id:kyuko_love:20170821214256j:plain

 

ポンパの呪いによる痛恨のラインブレイク、更にキングのビッグフィッシュゲットのプレッシャーで8時前にして既にメンタル崩壊寸前。この危機的状況でこの後果たしてバスはゲットできたのか?・・・(後半に続く?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月17日 富士五湖完全制覇への道  第1回「山中湖撃沈」

 

撃沈続きの霞ヶ浦に嫌気がさし、新天地を求めて今回から新たにスタートした「富士五湖完全制覇への道」記念すべき第1回は山中湖。

 

というのは全くの嘘で、16日〜17日の間、家族旅行で山中湖に来たついで?にあはよくば 山中湖バスゲットを目論んだが、結果はあえなく撃沈。

 

一度は無かったことにして、しらばっくれようと思ったが、折角撮った写真が無駄になるのも癪なので釣行記を書いてみた。

 

 4時少し前に宿を出発、途中遊漁券を購入するため「ローソン山中湖西店」へ。

f:id:kyuko_love:20170818085042j:plain

 

7〜8年前に今回と同じく家族旅行のついでに陸っぱりした河口湖で現場徴収され二千円近く取られた苦い経験から今回はしっかりと事前購入を選択。

 

 するとレジで直購入するのかと思ったら店員に「Loppi」対応と説明されちょっとビックリ。

f:id:kyuko_love:20170818085041j:plain

これが山中湖の遊漁券(¥600/大人1日)

f:id:kyuko_love:20170818085056j:plain

 

 そしていよいよ山中湖へ、前の日の夜にネットでサクッと検索したポイント情報だけを頼りに最初に向かったのは北岸の「長池親水公園」。理由は単純で広い駐車スペースがあったから。 

  

公園に着いたときは真っ暗だったので30分程車で待機してから、小雨が降る中、雨合羽にタックルを準備して3ヶ所ある階段の1つから湖岸へ降りて釣り開始。

f:id:kyuko_love:20170818085043j:plain

 

今回持って来たロッドは、スピニング2本(4ピースのパックロッドと 2ピース)だったが雨の中2本持ち歩くのは面倒だったので2ピース1本で勝負。

 f:id:kyuko_love:20170818085045j:plain

 

最初はトップからスタートしたが予想通りの無反応。

 

キャストしながら湖面を眺めていると魚種は不明だが時おり小魚がヒラを打つのが確認できたので途中からシャッドに変更して四方八方にキャストしまくったが安定の無。

 

しばらくすると岸際に何か魚の群れが見えたのでバスのスクールか?」と思ったら鯉だった。

 

するとそのうち山中湖の象徴?白鳥がこちらに近づいて来た。

f:id:kyuko_love:20170818085044j:plain

 

観光なら嬉しい白鳥も、自分にとっては釣れない時のアイコンでしかないので移動。

 

長池親水公園を出て729号線を東方向(湖を時計周り)に移動して平野ワンドへ。

f:id:kyuko_love:20170818085046j:plain

f:id:kyuko_love:20170818085047j:plain

このエリアは山中湖でも屈指のバス釣りポイントであるらしいが、初見で駐車スペースも良く分からず、さっきの長池よりさらに浅く底も泥底でパッと見水の状態も悪そうだったので一投もせずに撤収。

 

そのまま729号線から413号線を経由して湖沿いを移動しながら湖南岸の駐車スペースがあるポイントをランガン。(ポイント名とか良く分からないので写真のみ)

f:id:kyuko_love:20170818085048j:plain

 f:id:kyuko_love:20170818085049j:plain

 f:id:kyuko_love:20170818085050j:plain

f:id:kyuko_love:20170818085051j:plain

 f:id:kyuko_love:20170818085052j:plain

巻き物からワーム(山中湖はワームOK)にチェンジしてレンタルボート桟橋周辺を攻めたがどこもかしこも激浅で鯉以外の魚の気配は皆無のNBNF。

 

しかも湖をほぼ一周したにも関わらず自分以外の本気のオカッパラーを一人も見ていない事に気づく。

 

時刻は7時を回り残り時間わずか、最後の望みをかけ「なぎさ前」に移動。

f:id:kyuko_love:20170818085053j:plain

f:id:kyuko_love:20170818085054j:plain

最後の最後で奇跡は起こるかと期待して岸に降りたら目の前の湖面に外人親子が乗るカヌーが3艇浮かんでいるのが見えた瞬間、頭の中で終了の鐘が鳴り響き撃沈決定。

 

 

来年夏のリベンジを固く心に誓い山中湖を後にした(嘘)

f:id:kyuko_love:20170818085525j:plain

 

8月11日 長門・将監川ボート釣行

夏バテもピークの為、今回はさっくりとダイジェスト版でどうぞ。 

 

先月と同じく北総マリン長門川スロープを5時半出船。

f:id:kyuko_love:20170812140108j:plain

f:id:kyuko_love:20170812140105j:plain

 

成田線鉄橋下のシャローエリアでキングがこの日最初のバスをゲット。

f:id:kyuko_love:20170812140114j:plain

未計測、ドライブクローラー3.5DS

 

さらに続けざまにキングが鉄橋下で40アップ、キロフィッシュをゲット

f:id:kyuko_love:20170812140107j:plain

 40.2㎝/1017g、ドライブクローラー3.5DS

 

キングのキロフィッシュゲットから10分後、今度は自分が同じ鉄橋下で30あるなしのバスをゲット。

f:id:kyuko_love:20170812140010j:plain

未計測、 ドライブカーリー4.5DS

 

立て続けのヒットにラッシュが来たかと二人で期待したがそれきり鉄橋下は沈黙。

 

その後、9時過ぎまで長門川本流を攻めたが異常なし。

f:id:kyuko_love:20170812140110j:plain

f:id:kyuko_love:20170812140111j:plain

 

ここで 本流エリアを見切って本命の長門⇔将監の合流水路に突入!!

 

しかし水路は利根川本流からの濁り&逆流でエレキMAXでもボートポジションをキープするのが厳しい状況。

 

 想定外の事態に二人とも戦意喪失し14時に撤収。

 

しかしこのままでは納得いかないと、北利根に移動して陸っぱり第二ラウンド開始。

f:id:kyuko_love:20170812140112j:plain

f:id:kyuko_love:20170812140113j:plain

 

するとキングがこの日3匹目のバスをゲット。

f:id:kyuko_love:20170812140115j:plain

33.6㎝/566g、HPシャッドテール2.5DS

 

その後、妙技水道に移動して17時過ぎまで粘ったが自分はNBNFで無念の終了。

 

夏休み初日の撃沈はかろうじて免れたが、なんとなくこのまま休みが終わってしまいそうな予感・・。