読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧港LOVE 2017

土浦旧港&霞ヶ浦のバス釣りブログ

2017年4月29日の釣果(1匹)

先週の初バスゲットで調子にのってしまい?今日もキングと二人で早朝の旧港へ。

 

4時半過ぎ、浄水場側に到着すると先行者多数。

 

とりあえず浄水場前からスタートしたらキングが開始早々に速攻ゲット。

f:id:kyuko_love:20170429102801j:plain

 

さらにキングが、Dゾーン鉄板ラインで2匹目ゲット。

f:id:kyuko_love:20170429102802j:plain

 

これまで通りのキングに先行される展開にプレッシャーを感じながら先週初バスをゲットしたドン突き方面に向かう。

 

その途中、角のポンプユニットに誰も入っていなかったので、もしかしたらとレインズスワンプのDSをキャスト。

 

2投目の根掛かり外した直後のバイトでラインが走る!!(以下省略)

 

f:id:kyuko_love:20170429100429j:plain

 

今年2匹目の旧港バスは、カハラジャパンのデジタル秤でジャスト900gのナイスバス。

 

その後、二人ともNBNFのまま6時を過ぎたところで先週の再現を期待して大岩田に向かったが、先週とは一転、無風べた凪で撃沈・・・。

 

次にダメもとで島津方面に向かうも先行者ありで無念の旧港Uターン。

 f:id:kyuko_love:20170429100256j:plain

 小さくて見えずらいが球場前は人、人、人。

f:id:kyuko_love:20170429100342j:plain

 

残り時間30分で球場側を攻めたが、早朝からさらに増えた釣り人のプレッシャーとピーカン・べた凪の状況ではなす術なく7時40分撤収。

 

 今日の旧港は周りでもポツポツ釣れていたので状況的には悪くないと思うがGW中は人多すぎて釣りにならないかも・・・ちなみにキングはゲットした2匹の他に痛恨の2バラシだった。

 

 

★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年4月22日の釣果(1匹)

今年は訳あって3月以降まともに釣りに行けてなかったのだが、今日は午後から時間がとれたので久々の旧港へ。

 

通常なら車で向かうところだが、17時半までに帰着しなければならず、渋滞でロスする時間を考えると電車の方が有利と判断。

 

4ピースロッドと必要最小限のタックルを準備して家を出たのが12時20分過ぎ。 

f:id:kyuko_love:20170422234950j:plain 

f:id:kyuko_love:20170422234859j:plain

 常総線常磐線を乗り継いで旧港に到着したのが13時半。

 

移動の時間がもったいないので駅から一番近いホテル裏のドン突きポイントへ直行。

 

先行者がいたが、ちょっと移動した隙をついて滑り込み、速攻でタックルを準備してキャストしたのは今年もこれ一本で勝負?のレインズスワンプのDS。

 

相変わらずの酷い根掛かりと格闘する事10数分、根掛かり外し後のちょい長めのステイ中にバイト!! 

f:id:kyuko_love:20170422234400j:plain 

待ちに待った今シーズン初の1匹はデジタル秤を忘れてしまう痛恨のミスにより計測できなかったが、多分800〜900gはある30後半のナイスバス。

 

その後、電車移動中に自分が送った出撃メールを見て、新利根川釣行から帰ったばかりなのに速攻で旧港まで来てくれたキングと合流。

 

しばらくDゾーン周辺を攻めたがバスからの反応なく、旧港を離れ備前川へ移動。

 

河口の水門から少し上流側に入って護岸周りを中心に攻めたが、初場所でポイント&攻め方がまったく掴めずあえなく撃沈。

 

次に向かったのは最後の砦「大岩田」

 

いつものポイントに着くと、少し強めの向かい風に白波が護岸を乗り越えている。

 

まさに「風が吹いたら大岩田」の状況に期待が高まる。

 

しばらく護岸周りを中心に攻めたが、だんだん強くなる風と波にルアーの操作もままならず。

 

残り時間も少なくなり、自分は「さすがにこの状況じゃ無理か?」と諦めかけたところでキングにバイト!!

f:id:kyuko_love:20170422234752j:plain

 36.7㎝ 970g 

この1匹で攻め方のヒントを得たキングがなんと1匹目から数分で2匹目をゲット!!

 f:id:kyuko_love:20170422234535j:plain

  33.8㎝ 640g

 

このまま続ければまだまだ釣れそうな状況だったが、16時を過ぎたところで無念のタイムアップ。

 

大岩田でNBNFだったのは悔しいが、待望の初バスをなんとか旧港でゲットできたので、とりあえずホッとした。

 

そして帰りは電車ではなくキングの車で送ってもらったのは言うまでもない。

 

★Tackle★
 Rod:SHIMANO Trastick S510-610L
 Reel:DAIWA  SWEEPFIRE  AR2000
 Line:SUNLINE BASIC-FC(8lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY コツコツ君/DS-1(2/32oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso) 

 

 

 

 

 

 

旧港異常ナシ

2017年初の旧港釣行。

 

結果から言えば、NBNFであえなく撃沈・・・。

 

時間の都合で巻き物メイン(ブリッツ、レアリスシャッド、バンクシャッド)で攻めたが魚っ気は薄くスレバイトの一つもなし。

 

唯一の反応は、球場前で巻いていたブリッツのピックアップ直前に水中から猛然とアタックしてきた水鳥のみだった。

 

f:id:kyuko_love:20170205103137j:plain

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

番外編「12月10日の北利根&横利根」

諸般の事情により、前回から約2ヶ月振りの更新。

 

今回出撃したのは北利根&横利根エリア。

 

理由は他に釣れそうなエリアが思いつかなかったから・・・

 

午前4時半、同行するキングの車で自宅を出発。

 

途中、浮島のセブンでコーヒーとゲン担ぎのパンを各々調達。

 

稲敷大橋を渡って護岸道路に入ったところで、8月に二人でバスをゲットした「本新第1揚水樋管」前で車を停める。

 

向かい風を物ともせず、タックルを準備してまだ薄暗い湖岸に下りていくキングをよそに自分は車で待機。

 

約10分後、異常がなかったことを確認して次のポイントに移動。

 

北利根大橋を越えると、いつもなら絶対空いていない新横利根閘門脇のスペースに

今日は車が停まっていなかった。

 

f:id:kyuko_love:20161210140039j:plain

 

自分的にはこのままスルーして横利根に向かいたい感じだったが、キングの意見を優先して閘門周りを攻めてから横利根方面へ行くことにした。

 

結果的にこの判断がその後の展開に大きな影響を及ぼす事に・・・

 

タックルを準備して、今回は巻物メインと決めていたのでTDバイブからスタートしたら、開始2投目で根掛ってロスト。

 

その後、この時期定番のメタルバイブにチェンジしてシャクリまくるが無反応。

 

すると開始から約20分、自分の名前を呼ぶキングの叫び声が耳に入った。

 

声の方に振り返ると、大きく弧を描いたロッドを握り必死に格闘するキングの姿が。

 

 急いで駆け寄ると、「もしかしてレンギョか鯉のスレかも?」とキング。

 

自分も半信半疑で一瞬水面に現れた姿を見たが、どうもバスっぽい感じ。

 

さらに次の瞬間水面に現れた巨大な口を見て正体を確信。

 

「バスだっ!!しかもデカいっ!!」

 

そこから真剣モードになったキングが格闘すること数十秒、斜め護岸に引きずり上げたバスを自分がアシストしてハンドキャッチ。

 

f:id:kyuko_love:20161210141840j:plain

f:id:kyuko_love:20161210201223j:plain

 

キングが満を持して投入したジャークベイト「フェイス」のただ巻きでゲットしたのは46.3㎝ 1820gのメチャ体高のあるゴン太北利根バス!!。

 

 ★タックル★
 Rod:SHIMANM   POISON GLORLOUS 166ML
 Reel:SHIMANO Metanium HG
 Line:FC SNIPER BMS (12lb)
 Lure:EVERGREEN Mo-Do Faith Size11.5 Color:クラウン#125

 

 キングのデカバスゲットにテンションが上がったが、その後自分はNBNFで閘門から移動。

 

向かったのは横利根川イーストワンとサンマリンの間にある垂直護岸のストレッチ。

 

f:id:kyuko_love:20161210140037j:plain

 

先行者は対岸に1人、サンマリン側に1人とほぼ貸し切り状態で釣り開始。

 

ロケーション的には護岸ピタにスワンプのDSで攻めたいところだが多分それをやると撃沈間違いなしなので、ここでも巻物勝負。

 

最初はレアリスシャッドでイーストワン側からサンマリン方向に向かって歩きながら、あらゆる方向にキャストしてはただ巻き。

 

その後、何かのスレっぽいバイトが1回あったきりで時間だけが無情に過ぎていく。

 

レアリスシャッドだと飛距離がイマイチかなと、途中からバンクシャッドにチェンジするが相変わらず異常なし。

 

そうこうしているうちにサンマリン側の先行者に追いつきそうになったので仕方なく方向転換してもと来た護岸を引き返す。

 

 横利根といえばサル番長=バンクシャッドだと思ったが、そんなに甘くはないかと諦めかけた時。同じバンクシャッドでもさっきキングがデカバスをゲットしたクラウンカラーならもしかするかも?とカラーチェンジ。

 

するとカラーチェンジから数投後、バンクシャッドをタダ巻きしていた左手に「グッ」と違和感を感じた。

 

根掛かりか?とロッドを煽った直後に「グォォオン」とラインの先からロッドを通して生体反応が!!

 

「ついに来たぁ〜!!」と歓喜の雄叫びを心の中で叫びつつ、水面まで上がってきた姿を見ると間違いなくバス!!しかもナイスサイズ。

 

しかし喜んだのも束の間、掛かっているのはリアフックのみ、その時最悪の事態が脳裏を過ったが・・・以下省略。

 

f:id:kyuko_love:20161210140036j:plain

 

f:id:kyuko_love:20161210140038j:plain

 

これまで一度もゲットする事がなかったシャッド初フィッシュは、傷一つないグッドコンディションの横利根バス(900g)

 

(たぶん)これが今年最後の1匹となるであろうバスはキングのゲットしたバスの半分の重さだったが、自分にとっては十分に納得のいく快心の1匹だった。

 

 

★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 Lure:EVERGREEN  BankShad  #125 クラウン

 

 

 

 

 

 

 

 

「霞ヶ浦完全制覇への道」第23回 北利根川異常なし・・。

連休の最後を締め括るべく、向かったのは北利根川。 

 

牛堀に着いたのは5時ちょい前、いざ始めようとしたら雨が降ってきたので仕方なく止むのを待っていたら、スタートが6時近くになってしまった。

 

f:id:kyuko_love:20161010112837j:plain

 

f:id:kyuko_love:20161010112838j:plain

 前回クランクで悪夢をゲットした辺りで「ポンパJr」から始まり「レアリスクランク」「ソウルシャッド」「デカピーナツ」「TDバイブ」「オーバーライド」他巻物系で押し通したが異常なし。

 

周りも釣れていないのかと思ったら、同じストレッチの下流側でシャッドと思われるルアーでバスをゲットしているバサーを目撃。

 

なので下流側に移動しようと思ったが、かなり先の方まで入れる場所がなさそうだったのであきらめて上流(本湖)側に移動。 

f:id:kyuko_love:20161010112842j:plain

  

前回は何の反応もなかったストレッチを、今回はさらに先の「永山揚排水樋管」まで攻め上がったが今回も異常なし。

 

ここで北利根川でのゲットはあきらめ本湖(妙岐水道方面)に移動。

 

 

  f:id:kyuko_love:20161010112840j:plain

その後「向津揚排水樋管」は異常なし。

 

f:id:kyuko_love:20161010112841j:plain

さらに「向津第2排水樋管」を攻めるが、矢板の間でレアリスクランクにボラのスレアタリが1回あったのみ(その後クランクは根掛かりで 殉職)で撤収。

 

最後の望みで入った、牛堀ドックの先の沖提のあるストレッチ(画像は前回の流用)

f:id:kyuko_love:20160919160111j:plain

 

8月にバスをゲットした旧護岸側の沈み杭周りをレンズスワンプのDSでタコ粘りしたが、やはり異常なし。

 

ここにバスはいないのかと、思ったところで新護岸側の沖提を攻めていたバスボートでまたしてもシャッドと思われる巻物系のルアーでバスをゲットしているのを目撃。

 

速攻でベイトタックルにチェンジして北風が徐々に強くなる中、残り僅かな時間に賭ける。

 

すると新護岸側に移動してきた自分の目の前でさっきのバスボートがまたしてもバスをゲット、しかもかなりのグッドサイズ!!

 

沖提周りにバスは付いている!!とデカピーナツを沖提の際を狙ってキャスト。

 

ビュッーっと逆風を切り裂いて飛んで行ったデカピーナツが「ガツっ」という音とともに沖提の石と石の間にガッツり嵌って殉職したところで時間切れ終了・・。

 

 

気がつけば10月ももう半ば、今年はあと何匹ゲットできるのか?

 

 

 

「霞ヶ浦完全制覇への道」第22回 柏崎&立花エリア 制覇・・?

今回は三連休の初日と言う事もあり、最悪撃沈しても残り二日でなんとかリカバリーできるだろうとの思い込みから向かった先は柏崎エリア。

 

354号線⇒118号線を経由し菱木川を越えて、柏崎ドックの手前から護岸道路へ進入。そこから安飾の釣り禁止区域を抜けた先にある「小津船溜樋門」へ直行。

 

「小津船溜樋門」

f:id:kyuko_love:20161008124944j:plain

 水門周りのストレッチ

f:id:kyuko_love:20161008124945j:plain

 

8月に出撃した時にはゲットはならなかったが、アオコが無くなれば可能性はありそうと密かに期待していたポイント。

 

ここは木製の消波帯?が護岸に近く、少し遠投すれば届く距離なのでクランクをメインに巻物系で消波帯周りを攻めたが異常なし。

 

巻き物がダメなら後はこれしか無いと、レインズスワンプのDSにチェンジして消波帯から水門周り、護岸ピタと一通り攻めるが例のごとくギルバイトのひとつもない。

 

20分くらい攻めたところで本湖側を見切って水門裏の船溜まりに移動。

f:id:kyuko_love:20161008124948j:plain

 

前回はアオコで抹茶状態だったのでスルーしていたが、今日見るとかなり回復している様子だったのでもしかしたらと気合いを入れなおす。

 

すると鉄杭の際をシェイクしながら通していたスワンプのDSに軽めのバイト!!

 

多分ギルだな・・と思って水面まで上がって来て反転した姿を見たら小さいけれどバスだった・・。

 

慌てて真剣モードに切り替え、ジャンンプバラシを回避して抜き上げキャッチ。

 

f:id:kyuko_love:20161008124946j:plain

 

 幾多の苦難(悪夢)を乗り越えて、ついにその手にした柏崎バスはなんとも微妙なノンキーサイズ(未計量)

 

その後、船溜まりをしばらく攻めたが後が続かず撤収。  f:id:kyuko_love:20161008124949j:plain

 さらなるサイズアップを求めて移動した先は「八木第3排水樋門」周りのストレッチ。

 

 「八木第3排水樋門」

f:id:kyuko_love:20161008124950j:plain

 本当はここではなく、その少し先にある前回悪夢をゲットした「八木第1樋門」に入りたかったのだが、既に先行者3人(ワカサギ師)がいたので手前の水門にとりあえず入ってみた。

 

パッと見は杭あり、沈船ありで良さげなポイントだったが、水深が浅すぎ(護岸際で30cmくらい)で沖でボラが大量に跳ねているいるがバスの釣れそうな気配は皆無で速攻移動。

  

 次に向かったのは大解明マップに「東浦のなかでも超一級エリア」と書かれていた「八木第1船溜樋門」だったがそこには先行者が、なのでその先の「八木第2樋門」に向かうと、またしても先行者が・・。

 

結局、1級ポイントを通り越してさらに先のテトラ帯まで来てしまった。

f:id:kyuko_love:20161008124952j:plain

 

f:id:kyuko_love:20161008124951j:plain

 

沖を眺めると(多分ボラ?)魚っ気があったので、とりあえず攻めて見たが「玉ネギ」&「テトラ」のコラボと言う好きな人からすればたまらないロケーションかもしれないが、自分的には「攻め方まったく分からないコラボ」なので15分ほどで撤収。

 

 時刻も7時半を過ぎ、残り1時間となったところで「柏崎・八木エリア」から撤退。

 

霞ヶ浦大橋を渡って、梶無川を越えた向かった先は「立花エリア」

(*立花エリアってどこ?って人は大解明マップを買って37頁を見て下さい。)

 

そこで入ったポイントは「浜水門」の先にある凹型のストレッチ

f:id:kyuko_love:20161008124955j:plain

 f:id:kyuko_love:20161008124956j:plain

クランク&スワンプのDSで凹型ストレッチを攻めたが異常なし。

 

その後、 浜水門側(下画像左手側)に移動しながら攻めたがこちらも異常なし。

f:id:kyuko_love:20161008124954j:plain

 

浜水門側をあきらめてテトラ帯側に移動、テトラ帯は最初から攻める気ゼロだったのでテトラの終わり際をスワンプのDSで攻める。

 

すると護岸近くまでズル引いて来たスワンプのDSにバイトが!!

 

直後にラインが走ったので追い合わせ気味でフッキング。

 

すると一気に浮上してジャンプした姿はサイズはイマイチだが間違いなくバス。

 

1発目のジャンプはなんとかかわしたが、次にジャンプされたらバレる可能性大だったので慎重にランディングして抜き上げずにハンドキャッチに持ち込んだ。

 

f:id:kyuko_love:20161008124958j:plain

1匹目からサイズアップはしたものの制覇と言うには非常に微妙な420gの立花バス。 

 

上のバスを釣った場所(下画像の斜め護岸の先端部)

f:id:kyuko_love:20161008124957j:plain

 

自分で勝手に始めた「完全制覇への道」 なので制覇達成と言えばそれまでなのだが、とは言え今日の2匹では納得いかない感じも・・・しかしこのエリア、自宅からのアクセスとの今日の状況を考えるとリベンジするには相当の覚悟?が必要かも。

 

 

★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso)

 

 

 

 

「霞ヶ浦完全制覇への道」第21回 美浦(島津)エリア 制覇!!

今朝は家を出る前から雨が降っていたので近場で済まそうと向かったのは土浦旧港。

 

5時半頃、浄水場側に着いた時点で本降りになっていたので雨合羽を装備。

 

先週小バスをゲットしたポイントには先行者が入っていたので空いていた元ビオパーク側から釣り開始。

 

その後、浄水場前で7時過ぎまで粘ったがノンキーサイズ1匹をバラシ、ギリキーパーサイズ1匹を抜き上げた瞬間に痛恨のラインブレイクであえなく撤収。

 

 次に向かったのは最近鉄板の大岩田エリア。(画像は前回釣行時の流用)

f:id:kyuko_love:20160828120232j:plain

 

風が弱いのが若干気になったが、護岸ピタでネチればなんとか1匹くらい絞り出せるだろうとレインズスワンプのDSで粘ったが予想に反して激渋状態。

 

あまりの反応の無さに今月号のBasserの特集記事に影響を受けて普段は絶対投げない「スモラバ」まで使ってみたが、そんなに簡単に釣れる訳もなくノーバイト撃沈。

 

気が付けば終了予定の8時半を過ぎ、こうなりゃ花室川でクランク巻き倒して先週の鰐川の奇跡を再び!!と河口に向かったら先行者多数で無念のスルー。

 

そのまま125号線まで出ると今日の花火大会のせいか?土浦市街方面の車線が渋滞していたので左折して阿見坂下方面に向かう。

 

そまま牛久⇒竜ケ崎経由で帰ろうとしたが、予科練平和記念館を過ぎたあたりでもしかしたら・・と思い立って技研の先を左折。

 

これまで3回出撃して見事に撃沈した「島津高位部排水樋管」と「島津揚水樋管」があるストレッチに到着。

f:id:kyuko_love:20161001135059j:plain

 

f:id:kyuko_love:20161001135115j:plain

 

時間がないので、見かけ倒しの水門周りはスルーして石積側の護岸ピタをレインズスワンプのDSで攻める。

 

これまでの釣行で唯一ギルっぽいバイトがあった辺りにレインズスワンプのDSを通していたら突然のバイト!!そのままラインが沖に向かって走ったので思いっきりフッキング。

 

トルクフルな突っ込みに思わずドラグ緩めたが、焦って緩め過ぎバスに護岸下に潜り込まれてしまった。

 

護岸のエッジとラインがこすれ、このままではラインブレイクによる最悪の結末が・・(以下省略)

 

f:id:kyuko_love:20161001135137j:plain

 

最悪の事態をなんとか回避し、8月末から4回目の釣行にして悲願の島津エリア制覇をもたらしたのは、キロフィッシュには若干足りなかったが980gのナイスバス!!

 

もし旧港でのバラシ&ラインブレイクと125号線の渋滞が無かったら間違いなくこのエリアには寄らずにそのまま帰っていたはず、なのでこの1匹は本当にラッキーだった。

 

 

 

★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso)