旧港LOVE 2017

土浦旧港&霞ヶ浦のバス釣りブログ

7月22日番外編 香取、潮来方面ランガン撃沈。 

夏の霞本湖の厳しさにビビって今回も思いで巡りで香取⇒潮来方面ランガン

 

今回もキングの車で13時過ぎに出発。

 

向かったのは昨年の6月以来、約1年振りの常陸利根川

f:id:kyuko_love:20170723073231j:plain

 

 到着すると向かい風がビュービューで水は薄緑に濁っていた。

 f:id:kyuko_love:20170723073230j:plain

 

そんな状況でキングが開始早々に崩れヘラ台ポイントでヒットさせるも痛恨のジャンプバラシ。

 

自分は予想外の強風にスピナベ&ジャークベイトの巻物メインで攻めたが反応無し。

 

すると開始から約1時間、キングのドライブクローラーDSにバイト!!

f:id:kyuko_love:20170723073236j:plain

37.6㎝、820gのグッドコンディション常陸利根バス。

 

自分は途中で巻物からチェンジしたピンコストレートのDSにバスだったらキロフィッシュ確定の激バイトがあったが、痛恨のフックオフで終了。

 

 

次に向かったのは二人とも初釣行の外浪逆浦。

f:id:kyuko_love:20170723073234j:plain

f:id:kyuko_love:20170723073232j:plain

雰囲気的にはいい感じなのだが・・・

f:id:kyuko_love:20170723073233j:plain

場所的には東岸?(常陸利根と鰐川の中間辺り)の水門周りを攻めたが、ベイトっ気はあるものの岸際はメチャ浅くて全然釣れる気がしなかったので30分程で撤収。

 

 

そして辿り着いたのが北利根川の新横利根閘門。

f:id:kyuko_love:20170723073235j:plain

 先々週の夕まずめに遭遇した奇跡のラッシュが忘れられずに、性懲りもなく今週も来てしまったが、結局7時過ぎまで粘ってキングがギリキーパークラスを2匹ゲットしたものの自分はNBNFで撃沈。

 

その後、最後の望みをかけて妙技水道の「本新第1揚水樋管」に移動して8時近くまでポンパを投げまくったが蚊に刺されただけで何事もなく終了。

 

 先週の将監・長門釣行に続き今回もキングに大差の敗北・・原因は雀の呪いではなく単に腕の差か?

 

 

7月15日番外編 熱中症の危機! 長門・将監ボート釣行

今週は3連休という事もあり、約2年振りの長門川&将監川に遠征。

 

これまでは長門川上流部にある放年園でボートをレンタルしていたが

今回は北総マリンの長門川スロープでボートをレンタル。

 

今回は、同行するキングに車を出してもらい4時過ぎに出発。

 

途中の安食ト杭(あじきぼっくい)交差点のセブンで飲み物と食料を調達。

f:id:kyuko_love:20170716061735j:plain

そのまま交差点(上画像の信号)を右折して北総マリン長門川スロープへ。

 

「カヌーのりば」の案内表示を頼りに住宅地内の狭い道路を抜けると、広い駐車スペースのある長門川スロープに到着。

f:id:kyuko_love:20170716061738j:plain

f:id:kyuko_love:20170716061740j:plain

 

受付の隣にあるシャワールームとトイレ(今回はトイレのみ利用)

f:id:kyuko_love:20170716061739j:plain

トイレの壁に掛けてあった謎のドンペリボトル。

f:id:kyuko_love:20170716061741j:plain

 

マイボート用スロープ

f:id:kyuko_love:20170716061736j:plain

スロープ脇の桟橋

f:id:kyuko_love:20170716061737j:plain

 

6時からの受付だったが到着したのは5時ちょい過ぎ。

 

セルフでボートを準備しているエレキ持ち込みバサーを横目に6時までやることがないのでスロープ周辺で陸っぱり開始。

 

すると自分が投げていたポッパーに小バスがヒットしたがジャンプバラシ・・一方のキングはオリカネでギルを連続ゲット。

 

これはいけるかも?とこの時は期待したのだが・・。

 

そんなこんなで6時を過ぎたところで北総マリンの人、と言うかスロープ入口にある家から軽トラに乗ったおっちゃんが登場。

 

とりあえず挨拶して料金を払い(事務所のポストに投函)タックルを準備して桟橋へ

 

すると準備されていたのがローボートではなくⅤハルのアルミ(かなり年期は入っているが)にびっくり、しかも魚探付き。

 

今回レンタルした2馬力+フットコン(¥7,000)

f:id:kyuko_love:20170716061755j:plain

 

北総マリンなかなかやるじゃん、とタックルをボートに積み込んでいざ出発。

 

桟橋を出て直ぐに向かったのは、長門川と将監川を結ぶ水路。

f:id:kyuko_love:20170716061742j:plain

実は2年前の釣行で、この水路と成田線の鉄橋下でかなり良い思いをした。この二つのポイントの直近にあるというのが今回北総マリン長門川スロープを選んだ理由。

 

f:id:kyuko_love:20170716061744j:plain

しかし期待とは裏腹に朝一桟周りでトップに反応していたので、二人とも最初はトップをメインにキャストしていたが、水路に入ってからは全然反応がない。

 

f:id:kyuko_love:20170716061745j:plain

水路も半分を過ぎたところでキングはトップをあきらめワームにチェンジ。

 

自分は朝一桟橋で小バスとはいえトップで掛けたバスをバラした悔しさから、意地でも釣ってやろうとトップで攻め続ける。

 

するとボートが「将監」の前にさしかかったところでフルキャストしたポンパジュニアが着水と同時に激バイト!!

 

水中にポンパが消えたの確認してから渾身のフッキング!!

 

フッキングも決まり、「よっしゃーっ」と叫びながら猛烈な勢いでハンドルを回しボートの近くまで寄ってきたその姿を見た時、今年初トップの歓喜が悪夢に変わった・・

 

f:id:kyuko_love:20170716061746j:plain

 ポンパのリアフックにガッツリと掛かった悪夢。

 

妙技水道で雀に激突した先代のポンパは与田浦で木に引っかかり殉職。今回使っていたのは先週柏のブンブンで買った物だったが、雀の呪いはまだ解けていなかった?

 

 悪夢の口にがっつりかかったフックと格闘し、やっとフックが外れた直後に今度はキングにバイト!!

 

さすがに今度はバスだろうと思ったら呪いはキングにも伝染。

f:id:kyuko_love:20170716061747j:plain

ドライブシュリンプにガッツリフッキングした悪夢パート2

 

突如やってきた外道ラッシュに、このまま外道コンプリートか?と二人で妙に盛り上がったが、その後水路で何事も起こらず。

 

そのまま水路を抜けて将監川に突入。

 

しばらく水路前を攻めたが無反応の為、未開の将監上流部に向けエンジン始動このまま最上流部までとスロットルを全開!!。

f:id:kyuko_love:20170716061748j:plain

f:id:kyuko_love:20170716061749j:plain

f:id:kyuko_love:20170716061750j:plain

しかしこれが二馬力の限界なのか、あまりの遅さに上流に向かって1本目の橋まで行ったところで、とても最上流までは無理とUターン・・・。

f:id:kyuko_love:20170716061751j:plain

結局、将監川ではメガバスグリフォンをロストしたのみでNBNF撃沈。

 

そして例の水路に戻ってきたのが10時少し前 、既に気温は30℃を過ぎ口からでる言葉は「釣れない」「暑い」の二言のみ。

 

朝一のトップへのバイトでこの日の運を使い果たしたのか?などと考えながらとりあえず1匹釣る為にトップからDSにチェンジ。

 

再び将監の前を通過した時、木の陰でシェードになってる護岸にキャストしたDSが着水直後にバイト!!

 

f:id:kyuko_love:20170716061752j:plain

開始から約4時間、釣れなさと暑さに耐えてやっとの思いでゲットした660gのバス。

 

そしてこの1匹が引き金になり、闘争本能?に火が付いたキングがこれまで沈黙していた水路で猛ラッシュ!!

f:id:kyuko_love:20170716061753j:plain 

 

 

f:id:kyuko_love:20170717201250j:plain

10時50分 42㎝ 980g  

 

f:id:kyuko_love:20170716061759j:plain

 11時40分 38㎝ 770g

 

その後、キングが同じ水路でノンキークラス2匹をゲット、計4匹(すべてドライブクローラーのDSでゲット)となったところでラッシュ終了、長門川に移動。

 

前回実績のあった成田線の鉄橋下で12時半頃まで攻めたがNBNFであまりの暑さに熱中症の危機を感じ一旦ボートから上がって車で休憩。

 

 午前中で無くなってしまった飲み物をセブンで補充してから15時45分に釣り再開。

 

するとキングが事務所のトイレに行ってる間に桟橋の上からキャストしていたDSにバイト!!

 

最初はギルかと思ったが、ロッドから伝わって来た感触はバス。しかし自分の方に向かって泳いで来たせいかフッキングが甘く痛恨のフックオフ。

 

その状況を見ていたキングが「抜け駆けするからだよ、これで午後の釣り運なくたったかも?」と一言。

 

f:id:kyuko_love:20170716061756j:plain

 

キングの予感が的中したのか、それから18時近くまで水路を攻め続けたがキングは30cmクラスをヒットさせるもジャンプで痛恨のラインブレイク。

 

自分は残り30分位でバズを投げまくったが、2回反応があっただけでフッキングにはいたらず終了。

 

 

猛烈な暑さの中、限界ギリギリまで耐えて頑張ったが終わってみれば2年前の釣行と同様キングに大差で敗北。

 

この雪辱を果たすには、なんとかポンパでバスをゲットして雀の呪いから解放される以外にない?

 

 ★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:KASUMI DESIGN offis PINKO STRAIGHT(5.8inc)Color KD15(ライムゴールド)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「霞ヶ浦完全制覇への道」第26回 古渡制覇ならず。

今日は前回の宣言に従って、未開拓エリアを制覇すべく「古渡」に出撃。

 

夜明け前の古渡橋

f:id:kyuko_love:20170709112823j:plain

同じく新古渡橋

f:id:kyuko_love:20170709112822j:plain

 

同行したキングの開始1投目(ラウダー)にいきなりチェイス!!で期待が高まる。

 

その後、キングが再びチェイスしてきたがフッキングしなかったバスにフォローのワームで速攻ゲット。

 

f:id:kyuko_love:20170709112826j:plain

 

キングの超速攻ゲットに続こうと、自分もすぐさまポッパーをリグって投げまくる。

 

f:id:kyuko_love:20170709112824j:plain

f:id:kyuko_love:20170709112825j:plain

f:id:kyuko_love:20170709112828j:plain

f:id:kyuko_love:20170709112829j:plain

 

しかし 開始から7時までの約3時間、二つの橋の間でポッパー、クランク、スピナベ、さらにはチャターベイト、そしてレインズスワンプのDSとあれこれやってみたが結局キングの1匹のみで自分はNBNF撃沈。

 

 

このままでは納得いかなと、完全制覇は置いといて向かった先は「鰐川」

 f:id:kyuko_love:20170709112830j:plain

 

到着した7時半の時点でかなり暑かったが、風当りと水の感じからいけそうな予感がしたのだが・・・。

 

f:id:kyuko_love:20170709112831j:plain

 

前回実績のあったレアリスクランクとレインズスワンプのDSをメインに橋脚

下からドックの間のストレッチを攻めたが古渡に引き続き安定の無。

 

9時少し前、あまりの暑さに熱中症の危機を感じてギブアップ撤収。

 

夏の霞ヶ浦の厳しさを改めて思い知った釣行だった。

 

「霞ヶ浦完全制覇への道」第25回 灼熱の西浦ランガン(出島・牛渡)

今日は久々の西浦ランガン

 

午前4時、354号から護岸道路に入ってすぐのインレット周りからスタート。

f:id:kyuko_love:20170708160425j:plain

 魚っ気多くトップで攻めたが、いたのはボラとレンギョのみ?

 

次は久々に来たらジャカゴが入ってた「一発ビックフィッシュ狙いの桟橋」f:id:kyuko_love:20170708160426j:plain

f:id:kyuko_love:20170708160427j:plain

足場が確保されて前よりかなり攻めやすくなったが、反応の無さはそのまま。

 

 

次に向かったのは「沖の内高位部排樋門」の側にある期待度満点のストラクチャー

f:id:kyuko_love:20170708160428j:plain

しかし期待とは裏腹に、見事なまでの見かけ倒しっぷり・・・

 

さらに進んで、去年バスをゲットした実績のある「志戸崎ドッグ」。

f:id:kyuko_love:20170708160430j:plain

自信満々で沈船のある「志戸崎の角」を攻めたが不発。

 

さらに、さらに進んで、歩崎公園前(保護水面の先)のストレッチ

f:id:kyuko_love:20170708160429j:plain

ここも雰囲気は良かったが、安定のNBNF・・・

 

 

そして今回の期待度500%の「一の瀬川河口」に到着。

f:id:kyuko_love:20170708160431j:plain

 f:id:kyuko_love:20170708160432j:plain

河口周りをドライブシュリンプのDSメインで攻めたが流入河川苦手野郎なので10分でギブアップ。

 

その後、一の瀬川河口から有河ドッグまでの通称「中村亀太郎商店前ストレッチ」へ

f:id:kyuko_love:20170708160433j:plain

 f:id:kyuko_love:20170708160434j:plain

 去年キロフィッシュの実績があるポイントなので、最初はレインズスワンプのDSで護岸ピタをネチネチ攻めていたが、あまりの反応の無さに途中からスティーズシャッド(先週の与田浦釣行で拾った)にチェンジして投げまくったが、スレ掛かり1回のみでギブアップ。

 

 その後は、崎浜方面に移動しながらとりあえず車が停められそうなポイントをあても無く巡りはじめた。

f:id:kyuko_love:20170708160436j:plain

そして、とあるポイントで悪夢でもいいから掛かってくれと、投げてたブリッツが痛恨の根掛かり殉職。

 

 f:id:kyuko_love:20170708160435j:plain

 

時刻は8時を回り、気温28℃、ピーカン、無風の状況にこのエリアを選択してしまった自分を恨んだ。

 

そして失意のどん底で辿り着いたのが「牛渡漁港」と「霞ケ浦用水管理所」の間にあるストレッチ。

f:id:kyuko_love:20170708160437j:plain

水面を見ると魚っ気が結構あったので、もしかしたらと期待が高まったが、とりあえず護岸におりて水深を測る為にロッドを突っ込んだら50㎝位入ったところで「ズザっ」と言う鈍い音とともに止まった。

 

「浅っ・・」これは終わったな、と思いながら用水管理所の方向に向かって行ってしまったキングとは反対方向の護岸ピタをいつものレインズスワンプのDSをキャストしながら進んでいると、フォール中のラインが突如沖に向かって走りはじめた!!(以下省略)

 f:id:kyuko_love:20170708160024j:plain

 灼熱の東浦で久々にゲットした1200gのナイス牛渡バス。

 

その後、バスからの反応は無く、あまりの暑さに戦意喪失して9時に終了。

 

先々週の北利根に続くキロフィッシュゲットは超ラッキーだったが、結局今回も思い出巡りに走ってしまった「霞ヶ浦完全制覇への道」

 

次回は絶対未開拓のエリア制覇を目指す、かも?

 

 

 

 ★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso)

 

 

 

 

番外編「6月25日北利根リベンジ」

今日は訳あって午後からの出撃。(当然キングも同行)

 

渋滞によるロスを避けたかったので、悩んだ末に与田浦方面へ向かう。

 

15時、八筋川の河口付近からスタート。

f:id:kyuko_love:20170625224309j:plain

 曇天、無風だったので迷わずトップ(ポンパJr)を選択。

 

同じくトップ(オリカネ虫)を選択したキングと二人でしばらく河口周辺を攻めたがノーバイト。

f:id:kyuko_love:20170625224341j:plain

 

途中からキングはワームに切り替えたが、自分は前回の妙技水道でバラした悔しさからしつこくポンパを投げまくっていたら今回も想定外の事態発生。

 

護岸と平行にフルキャストしたポンパのラインが岸際の木の枝(高さ5〜6m)に引っかかって提灯状態。

 

焦って巻き取ったら見事枝にフッキング!!

f:id:kyuko_love:20170625224211j:plain

 なんとか外そうと10分近く頑張ったが、結局外れず泣く泣くラインをカット・・・

 

 こんな事になったのは前回の妙技水道釣行でバードストライクしてしまった雀の呪いなのか?

 

結局、八筋川では二人ともNBNFで移動。

 

次に向かったのは与田浦かかる101号線の橋(名前不明)の近くのポイント。

 f:id:kyuko_love:20170625224056j:plain

 今年の1月に一度だけ来た事のあるポイントで水通しも良くある程度水深もあるので期待してクランク(ブリッツ)を投げまくったが反応なし。

 

途中で諦めて、いつものレインズスワンプのDSにチェンジするが無。

 f:id:kyuko_love:20170625224030j:plain

 「ここにはバスがいない」と自分が諦めかけた時、キングのロッドが大きく弧を描いた!!

 

 f:id:kyuko_love:20170625223748j:plain

長い沈黙を破るノンキークラスだが値千金の与田浦バス。

 

今回もお約束?のキングに先行される展開にプレッシャーMAX!!

 

その後、16時過ぎまで粘ったが後が続かず与田浦から移動。 

 

101号線を北上し向かったのは北利根川の「新横利根閘門」 

f:id:kyuko_love:20170625223925j:plain

いつもなら必ずいる先行者が、今日は奇跡的にいなかったので速攻で車から降りて ポイントへ。

 

開始早々にギルバイトがあったとキングが言っているの聞いて期待が高まる、だがしかし期待とは裏腹に沈黙の時間が続く・・

 

黙々と北利根川を攻め続けるキングを横目に、自分はあまりの反応無さから姑息にも土手を上がって反対側の横利根川に向かった。

 

だが雀の呪いのせいか、横利根川でもギルバイト一つなく再び北利根川に戻った。

 

時間も17時を過ぎ、雨も降り出したので「今日は駄目か?」と諦めかけたその時、これまで沈黙していた水面にベイトの気配が、

 

これはもしかしてと閘門脇の垂直護岸と平行にキャストしたHPシャッドテールのDSに今日初めての明確なバイト!!

 

「よっしゃー!」と心の中で叫びながらも「もしかしてキャット?」と半信半疑で水面に見えた姿は間違いなくバス。

 

ここは慎重にいこうと、ドラグを緩めようとした瞬間にジャンプ、そしてまさかのラインブレイク・・・。

 

あまりの出来事にしばらく呆然。

 

そしてさらに強く降ってきた雨に「今日は終わった」と思ったが本当のドラマはここから始まった。

 

最後のHPシャッドテールをさっきのブレイクでロストしてしまったのでバックに入っていた中からスイングインパクト3を引っ張り出してセット。

 

するとさっきのラインブレイクから数投目でバイト!!

 

さっきのバスよりも更に強い突っ込みにドラグを緩めて対応、エラ洗いで水面に出た瞬間にキロフィッシュ確定。

 

なんとか足元まで寄せたが斜め護岸の苔で足が滑り&護岸から水中に伸びる意味不明のロープに最後の最後でヒヤッとさせられたがなんとかハンドキャッチ。

 

f:id:kyuko_love:20170625223704j:plain

これまでの苦労を吹き飛ばす1100gのナイス北利根バス。

 

そしてこれで終わりかと思ったが、ドラマはさらに続く。

 

同じポイントを攻めていたキングがその後30分の間に推定40アップを2匹ヒットさせるがまさかの連続ジャンプバラシ・・・

 

声をかけるのも躊躇するくらい落胆したキングだったが、この男がそのままで終わるはずもなく。

f:id:kyuko_love:20170625223955j:plain

 3度目の正直?HPシャッドテール2.5(色はシークレット)のDSで35.8㎝/650gを執念のゲット!!

 

 さらに自分が釣った直後に閘門の前に入って来たアルミボートのバサーにもラッシュがかかり自分達が確認しただけでも3匹のバスをゲットしているのを目撃。

 

その後、18:30過ぎまで粘ったが、再びラッシュが来ることは無く終了。

 

ラインブレイクが非常に悔やまれるが、驚愕の北利根川夕マズメラッシュに久々に興奮した釣行だった。

 

 

 

★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:KEITECH Swing Impact3" BB#3 :Green Pumpkin Candy

「霞ヶ浦完全制覇への道」第24回 想定外の事態連発、荒宿再び

先週の深夜釣行の惨憺たる結果に、今週はとても旧港に出撃する気にはならず「完全制覇2ndシーズン」始動!!

 

 本来なら、まだ釣果のない本湖エリアに出撃するのが完全制覇の掟?だが、2週連続ノーフィッシュは是が非でも回避したかったのであっさり昨年実績のあった「妙技水道⇒北利根⇒荒宿(玉造)」の思いで巡りルートに決定。

 

今回ももちろん同行するキングを車で迎えに行って午前3時に出発。

 

 途中、稲敷大橋手前のセブンで食料を調達したのだが、店に入る際に閉め切りの扉を自動扉と勘違いしてキングに呆れられるという失態を演じる。

 f:id:kyuko_love:20170610151413j:plain

 

そんなこんなで4時過ぎに妙技水道の「本新第1揚水樋管」に到着。

f:id:kyuko_love:20170610151459j:plain

 この「本新第1揚水樋管」は昨年の8月にキングが900gと600g、自分が1200gをゲットした実績のある一級ポイント。

 

到着した時、ほぼ無風だったので自分は迷うことなくポンパJrをセット。

 

キングが水門の右側、自分が左側に入ってスタートして数投目、キャストしたポンパが着水後、ハンドルを回し始めた直後に「バシュッ」という音とともに水面が大きく盛り上がってポンパが吸い込まれた!!

 

それを見ていたキングが「あっ」と声を上げる!!

 

それから一瞬遅れて状況を理解した自分は絵に描いたような「ビックリ合わせ」でロッド煽った。

 

一瞬ロッドを通して魚の重さを感じたが、すぐに手ごたえが無くなった。

 

魚の姿は見えなかったが、バスならかなりのサイズだったはず・・・。

 

やってしまった、開始直後の想定外のバイトだったとはいえ、もう一呼吸おいてから合わせていれば、もしかしたらフッキングできたかも・・・激後悔(涙)

 

 痛恨のトップバラシにテンションが落ちながら釣りを続けていると、さらに想定外の事態が発生。

 

沖のボイルめがけてフルキャストしたポンパの軌道と上空を飛んで来たスズメの群れが交錯。

 

すると群れの1匹がポンパと衝突して水面に落下!!

 

落下したスズメはしばらく水面で弱々しく羽を動かしていたが、ルアーで引き寄せようとしている間に全く動かなくなり、いつのまにか姿が見えなくなっていた・・。

f:id:kyuko_love:20170610151239j:plain

 

 度重なる悲劇に心が折れそうになりながらもポンパを投げ続けていると再び着水直後にバイト!!しかし今度はルアーから少し離れたところで出たので空振り、そのまま巻き続けるとさらにもう一度バイトしたが再び空振りで・・・そして沈黙。

 

このままトップを投げ続けてもフッキングまで持ち込むのは厳しいかも、と思ったので反対側でドライブシュリンプを投げていたキングに声をかけてポイントチェンジ。

 

するとさっき二度目のバイトがあった辺りにキングがキャストしていたので、「そう、その辺」と声をかけたと同時にキングがフッキング!!

 

f:id:kyuko_love:20170610124643j:plain

ギリキーパーサイズ(未計測)の妙技水道バスをゲット!!

 

キング曰く、ポンパで活性が上がった「ごっつぁんバス」なんて謙遜していたが、結局今日も腕の差が出た?

 

 今回もキングに先行される展開にノーフィッシュのプレッシャーがかかり始める。

 

 その後、このポイントでは鋼矢板の先端周辺でイナッコ?と思われる群れが水面を逃げ回る状態が頻発するが自分達のタックルでは飛距離が足りず「あそこまで届けば釣れるはず・・」と後ろ髪を引かれながら移動。

 

次に向かったのは、「本新第1揚水樋管」と「本新島排水機場樋管」の間の護岸エリア。

 

本当は「本新島排水機場樋管」(通称:ピンキー水門)の周りを攻めたかったのだが餌釣りの先行者が入っていたので断念。

 

結局そのポイントでは、キングが正体不明のスレバイト、自分がピーナツをロストしたのみで終了。

 

その後、北利根方面に向かっている途中に自分が入ろうとしていたポイントで先行者が推定50アップのゴンザレスを釣りあげて歓喜している現場に遭遇。

 

かなりのショッキングな出来事に「もしかしたら自分達がゲットしていたはずのバスだ」などと負け惜しみを言いながら通り過ぎる。

 

その先の北利根橋までの目ぼしいポイントは全て先行者ありで、結局北利根方面には向かわず北利根橋を渡って麻生方面へ向かった。

 

そのまま麻生漁港に直行しようと思ったが、途中にあった「富田第2ドッグ」と「麻生前川水門」周辺がなんとなく気になったので車を停めた。

 f:id:kyuko_love:20170610162844j:plain

 

すると開始直後、護岸の切れ目から伸びている葦原の際を攻めていたキングのロッドが弧を描いた!!

 f:id:kyuko_love:20170610140005j:plain

41.8㎝ 830g ドライブシュリンプ3

 

 開始からあっという間の出来事に驚いたと同時に未だノーフィッシュの自分はさらなるプレッシャーに押しつぶされそうになる。

 

その後、二人で「富田第2ドッグ」を攻めたが反応なく移動。

 

そして昨年完全制覇の記念すべき最初の1匹をゲットした「麻生漁港」へ

f:id:kyuko_love:20170610151309j:plain

 

 到着した時、先行者が3人いたが自分が狙っていた一級ポイント(通称:麻生の角)には誰もいなかったので、速足でポイントに向かう。

 

この時点でタックルはスピニングのレインズスワンプDS1本勝負だったので、迷うことなくひたすらポイントにキャスト繰り返す。

 

すると根掛かり外れた直後に違和感、でラインがスーっと動き出したのでフッキング!!

 

足場の低いスロープ側に降りてランディングにもっていこうとするが鋭い突っ込みに思わずドラグを緩めようとして久々でどっち回りだか分からなくなり焦ったが、なんとか足元まで寄せてハンドキャッチ成功。

 f:id:kyuko_love:20170610125034j:plain

記念すべき1匹目とほぼ同じアングルで撮影された麻生漁港バス(未計測)

  

f:id:kyuko_love:20170610151209j:plain

 そしてここが2匹のメモリアルバスをゲットした一級ポイント「麻生の角」

 

麻生漁港ではこの1匹のみで終了、最後のポイント「荒宿」へ向かう。

 

f:id:kyuko_love:20170610151127j:plain

 

「京田樋門」(上画像)で実績のあるキングと、少し先にある「手賀玉川1号排水樋管」で実績のある自分が、各々ポイントに分かれて釣り開始。

 

「手賀玉川1号排水樋管」まで来ると予想以上の減水&濁りにテンションダウンしたが、麻生漁港でとりあえず1匹ゲットできたので、釣れなくてもいいかとあきらめモードでキャストしていたレインズスワンプのDSにいきなり引っ手繰るようなバイト!!

 

しかし一瞬ドラグが効いたところでスッポ抜けたので、なんだキャットのスレか?と思いながら同じラインを通すと再びバイト!!

 

今度はフッキングしたが、直後の猛烈な突っ込みに「荒宿の悪夢」を確信。

 

その後、しばらくキャットだと思ってドラグを効かせつつバレてもOKな感じで引きを味わっていたが、ジャンプした姿を見たらバスだった!!しかも40アップ、キロフィッシュ確定!!

 

そこからは超真剣モードにチェンジ!!手前の護岸の下に潜られそうになり何度かヒヤッとしたがバラす事無くなんとかハンドキャッチ成功!!

 f:id:kyuko_love:20170610124957j:plain

 

 去年の7月以来、約1年振りの荒宿バスは、1160gのナイスキロフィッシュ。

 

その後、二人で「京田樋門」周りを攻めたが、キングがOSPのクランクをゲットしたのみで8:00終了

 

朝一の痛恨のバラシに始まり、スズメの悲劇からゴンザレスゲット目撃を経て一時はノーフィッシュを覚悟したが、終わってみればキロフィッシュを含む2匹ゲットと結果オーライと言えばそれまでだが、初っ端から「思い出巡りに」走っているようでは完全制覇には程遠い?

 

★タックル★
 Rod:DAIWA BLACKLABEL-631ULFS
 Reel:SHIMANO BIOMSTER-2500S
 Line:SUNLINE BASIC-FC(5lb)
 HooK:FINA WRM951/ #6
 Sinker:DECOY DS-1/コツコツ君(3/32oz)
 Lure:REINS Swamp(Jr) Color#007(ebimiso)

 

 

2017年6月3日旧港深夜釣行、撃沈。

訳あって約1ヶ月振りの更新、しかも1年振りの深夜釣行。

 

球場前に到着したのは22時過ぎ、気温は22〜3℃と思ったほど暖かくなく、風が吹くとちょっと肌寒い感じ。 

 

f:id:kyuko_love:20170605204814j:plain

 

着いたとき、球場前に先行者が2〜3人いたが入れ替わる様に移動していったので、30分ほど貸し切り状態の球場前で巻き物を投げまくったが全くの「無」。

 

ヘッドランプで水面を照らすと暗がりでも分かるほど水の状態が良くない感じ。

  

f:id:kyuko_love:20170605205021j:plain

 

その後スピニングにチェンジして、式場前のドン突き方面に向かって移動しながら護岸の際&ボート周辺をスワンプのDSメインに攻めたが相変わらずの「無」

 

前回の深夜釣行で実績のあった式場前ドン突きは、5〜6人のグループが入っていたので諦めてスルー。

 

そこから球場対面の浄水場前まで攻め続けたが、ギルバイト一つない見事なまでの無の世界。

 

さらに浄水場前で折り返して、先行のグループが居なくなった式場前のドン突きを経由して球場前まで戻る間の約4時間でNBNFの完全試合達成。

 

去年の5月の深夜釣行では運良く1900gのバスがゲットできたので、その再来を期待して出撃したのだが、最近の旧港はそんなに甘くはなかった・・・。

 

 

だがしかし!!

 

こんな状況でもこの男はやってくれました。

 

実はこの日も同行していたキングが、得意のDゾーン鉄板ラインで値千金のバスを絞り出した!! 

 

f:id:kyuko_love:20170605205112p:plain

33.8㎝ 590g(本人に確認済)

 f:id:kyuko_love:20170605204742j:plain

 

ヒットルアーはドライブシュリンプ4!!

 

それを聞いて「やっぱエビパターンか?」と自分も同じドライブシュリンプ3にチェンジしたが状況に変化なし・・・やはり腕の差なのか(涙)

 

追伸

式場前ドン突の浮桟橋側の護岸前にオイルフェンスみたいな囲いが設置されていたのが凄く気になった、目的は? 他のエリアにも拡大すると影響大かも。